電源開発 御母衣第二発電所

所在地:岐阜県大野郡白川村福島
交通:長良川鉄道 北濃駅より約35km

特記事項

一般水力発電所のフランシス水車に於ける落差日本一の水力発電所です。

発電所諸元

歴史
所有:電源開発[運開]−電源開発[現在]
昭和36(1961)年 6月   :着工
昭和38(1963)年12月19日:運用開始
水力発電方式
種別:一般水力
発電形式(落差を得る方法):ダム水路式
発電方式(水の利用方法):貯水池式
出力
認可最大出力:59200kW
  常時出力: 1800kW
水量
最大使用水量:15   立方メートル毎秒
常時使用水量: 2.93立方メートル毎秒
落差
最大出力時有効落差:460.10m
常時出力時有効落差:476.9 m
設備
水車:立軸単輪単流渦巻フランシス水車 最大出力66300kW×1台
   回転速度600rpm
発電機:立軸三相交流同期式発電機 最大出力65000kVA×1台
    電圧13.2kV、周波数60Hz、12極、力率90%
変圧器:三相送油風冷式 容量78500kVA×1基
    1次13.2kV/2次275kV/3次77kV
支水路トンネル:総延長5897m
導水路トンネル:圧力導水路 口径2.90m、延長7128.1m
調圧水槽:水室式サージタンク 立坑口径3.2m×高49.75m
     上部水室 幅5.0m×高6.65〜6.85m×長80.0m
     下部水室 幅3.2m×高3.8 〜4.35m×長63.2m
水圧鉄管:内径2900〜1350mm、板厚9〜36mm、延長693.700m×1条
入口弁:ロータリーバルブ
放水路:圧力トンネル 口径2.90m、延長630.0m
標高
取水位標高:1230.00m
放水位標高: 739.60m
面積
流域面積:44.7平方キロメートル
河川
取水:(大白水谷+小白水谷+他)[白水ダム]→大白川[大白川ダム]+他
放水:庄川

本データは(社)電力土木技術協会様の許可を頂いて水力発電所データベースより転載しております。(一部は現地案内板、銘板及び事業者様パンフレット等の資料より)

ダム諸元

貯水池ダム

名称
大白川(おおしらかわ)ダム
歴史
昭和36(1961)年:着手
昭和38(1963)年:竣工
種類
中央土質遮水壁(センターコア)型ロックフィルダム
大きさ
堤体高:95.0m、堤頂長:390.0m、堤体積:1,700,000立方メートル
天端幅:10.0m
容量
 総貯水容量:14,200,000立方メートル
有効貯水容量:11,000,000立方メートル
標高
 堤頂標高:1235.00m
満水位標高:1230.00m
低水位標高:1205.00m
面積
流域面積:44.7 平方キロメートル
 直接集水面積20.1平方キロメートル
 間接集水面積24.6平方キロメートル
湛水面積: 0.665平方キロメートル
水門設備等
洪水吐:テンターゲート 幅8.00m×高8.40m×1門
流量
設計洪水流量:400立方メートル毎秒
計画高水流量:330立方メートル毎秒

本データは(財)日本ダム協会様の許可を頂いてダム便覧より転載しております。(一部は現地案内板、銘板及び事業者様パンフレット等の資料より)

注水路取水ダム

名称
白水(はくすい)ダム
歴史
昭和38(1963)年:竣工
種類
直線重力式コンクリート+ロックフィル複合ダム
大きさ
堤体高:18m、堤頂長:81.1m、堤体積:22,000立方メートル
水門設備等
洪水吐:テンターゲート×1門
低流量放流管:1箇所

本データは(財)日本ダム協会様の許可を頂いてダム便覧より転載しております。(一部は現地案内板、銘板及び事業者様パンフレット等の資料より)

フォトギャラリー

2010年6月に電源開発様の御厚意により大白川ダムを見学させて頂きました。
ご案内頂いた電源開発様、見学会の開催にあたり調整を行って頂いた方々、どうもありがとうございました。




2010-06-20画像追加差替、発電所諸元詳細追加
2008-09-24発電所諸元詳細追加整理
2006-09-22初掲載(一部、2006-05撮影)
Copyright "suiryoku.com". All rights reserved. 連絡先及び注意事項