電源開発 尾上郷発電所

所在地:岐阜県高山市荘川町尾上郷
交通:

発電所諸元

歴史
所有:電源開発[運開]−電源開発[現在]
昭和44(1969)年 5月  :着工
昭和46(1971)年11月4日:運用開始
水力発電方式
種別:一般水力
発電形式(落差を得る方法):ダム水路式
発電方式(水の利用方法):貯水池式
出力
認可最大出力:20000kW
  常時出力: 1870kW
水量
最大使用水量:12.10立方メートル毎秒
常時使用水量: 1.91立方メートル毎秒
落差
最大出力時有効落差:198.50m
常時出力時有効落差:210.80m
設備
水車:立軸単輪単流フランシス水車 最大出力21200kW×1台
   回転速度600rpm
発電機:立軸三相交流同期式発電機 最大出力22000kVA×1台
    電圧6.6kV、周波数60Hz、12極、力率95%
変圧器:三相油入自冷式 容量22000kVA×1基
    1次6.6kV/2次73.5−77−80.5kV
支水路トンネル:総延長8533m
導水路トンネル:圧力導水路 口径2.40m、延長3538.0m
調圧水槽:制水孔式サージタンク 口径6.00m×高34.80m
水圧鉄管:内径2200〜1400mm、板厚8〜22mm、延長390.873m×1条
入口弁:バタフライバルブ
標高
取水位標高:967.00m
放水位標高:756.00m
面積
流域面積:64.6平方キロメートル
河川
取水:海上谷→別山谷→大シウド谷→小シウド谷→大日谷→アマゴ谷→大黒谷[大黒谷ダム]
放水:尾上郷川

本データは(社)電力土木技術協会様の許可を頂いて水力発電所データベースより転載しております。(一部は現地案内板、銘板及び事業者様パンフレット等の資料より)

ダム諸元

名称
大黒谷(おおぐろだに)ダム
歴史
昭和44(1969)年:着手
昭和46(1971)年:竣工
種類
中央土質遮水壁(センターコア)型ロックフィルダム
大きさ
堤体高:34.0m、堤頂長:140.0m、堤体積:279,600立方メートル
天端幅:8.0m
容量
 総貯水容量:765,000立方メートル
有効貯水容量:220,000立方メートル
標高
 堤頂標高:971.00m
満水位標高:967.00m
低水位標高:964.00m
面積
流域面積:64.6 平方キロメートル
 直接集水面積 5.2平方キロメートル
 間接集水面積59.4平方キロメートル
湛水面積: 0.087平方キロメートル
水門設備等
洪水吐:自由越流堤 幅8.00m×高8.40m×1門
流量
設計洪水流量:130立方メートル毎秒
計画高水流量:110立方メートル毎秒

本データは(財)日本ダム協会様の許可を頂いてダム便覧より転載しております。(一部は現地案内板、銘板及び事業者様パンフレット等の資料より)

フォトギャラリー

2010年6月に電源開発様の御厚意により大黒谷ダムを見学させて頂きました。
ご案内頂いた電源開発様、見学会の開催にあたり調整を行って頂いた方々、どうもありがとうございました。




2010-06-20初掲載
Copyright "suiryoku.com". All rights reserved. 連絡先及び注意事項