新潟県企業局 高田発電所
新潟県企業局 新高田発電所

所在地:新潟県上越市朝日
交通:妙高はねうまライン 南高田駅より約3km

高田発電所諸元

歴史
所有:新潟県企業局[運開]−新潟県企業局[現在]
昭和43(1968)年11月:運用開始
発電の区分
種別:一般水力
発電形式(落差を得る方法):ダム水路式
発電方式(水の利用方法):調整池式
出力
認可最大出力:11500kW
  常時出力:  700kW
水量
最大使用水量:7.00立方メートル毎秒
落差
有効落差:195.50m
設備
水車:立軸フランシス水車 出力11500kW×1台
発電機:立軸三相交流同期発電機×1台
導水路:総延長10199.8m、主要導水路(名立川→後谷ダム) 延長8230.8m
調圧水槽:単動式サージタンク 口径6.00m×高25.25m
水圧鉄管:内径2000〜1200mm、板厚7〜19mm、延長582.48m×1条
入口弁:バタフライバルブ
標高
取水位標高:248.00m
放水位標高: 46.15m
面積
流域面積:57.4平方キロメートル
河川
取水:名立川→桑取川→不明→ビンゴ沢→中ノ俣川→綱子川[後谷ダム]
放水:各種用水、沢山川

本データは(社)電力土木技術協会様の許可を頂いて水力発電所データベースより転載しております。(一部は現地案内板、銘板及び事業者様パンフレット等の資料より)

新高田発電所諸元

歴史
所有:新潟県企業局[運開]−新潟県企業局[現在]
昭和59(1984)年10月:運用開始
発電の区分
種別:一般水力
発電形式(落差を得る方法):ダム水路式
発電方式(水の利用方法):調整池式
出力
認可最大出力:2500kW
  常時出力:1100kW
水量
最大使用水量:1.60立方メートル毎秒
落差
有効落差:198.41m
設備
水車:横軸フランシス水車 出力2500kW×1台
発電機:横軸三相交流同期発電機×1台
導水路:(高田発電所と共用)
調圧水槽:(高田発電所と共用)
水圧鉄管(高田発電所水圧鉄管からの分岐分):内径600mm、板厚10mm、延長14.10m×1条
入口弁:バタフライバルブ
標高
取水位標高:248.00m
放水位標高: 47.23m
面積
流域面積:57.4平方キロメートル
河川
取水:名立川→桑取川→不明→ビンゴ沢→中ノ俣川→綱子川[後谷ダム]
放水:各種用水、沢山川

本データは(社)電力土木技術協会様の許可を頂いて水力発電所データベースより転載しております。(一部は現地案内板、銘板及び事業者様パンフレット等の資料より)

ダム諸元

名称
後谷(うしろだに)ダム
歴史
昭和40(1965)年   :着手
昭和43(1968)年10月:竣工
種類
自然越流型直線重力式コンクリートダム
大きさ
堤体高:20.3m、堤頂長:76m、堤体積:7,000立方メートル
容量
 総貯水容量:86,000立方メートル
有効貯水容量:68,000立方メートル
面積
流域面積:58.8平方キロメートル
直接集水面積: 3.5平方キロメートル
間接集水面積:55.3平方キロメートル
水門設備等
洪水吐:自由越流頂×2径間
低水位放流門:1門

本データは(財)日本ダム協会様の許可を頂いてダム便覧より転載しております。(一部は現地案内板、銘板及び事業者様パンフレット等の資料より)

フォトギャラリー



2017-09-18初掲載(2016-09撮影)
Copyright "suiryoku.com". All rights reserved. 連絡先及び注意事項