東京電力 名栗発電所 跡

所在地:埼玉県飯能市下名栗
交通:西武池袋線 飯能駅より約17km

発電所諸元

歴史
所有:名栗水力電気[運開]−東京電燈−関東配電−東京電力[廃止]
大正 9(1920)年 3月12日:事業認可
大正10(1921)年 5月10日:工事着手
大正11(1922)年 7月19日:竣工
大正11(1922)年 8月16日:運用開始
大正14(1925)年 5月   :水車取替
昭和14(1939)年12月   :東京電燈へ譲渡
昭和41(1966)年 3月31日:廃止
発電の区分
種別:一般水力
発電形式(落差を得る方法):水路式
発電方式(水の利用方法):流込み式
出力
認可最大出力:217kW
水量
最大使用水量:0.25立方メートル毎秒
落差
有効落差:116.95m
設備
水車(運開当時):横軸フランシス水車 日立製作所製 254kW×1台
   (取替後):横軸ペルトン水車 JMフォイト製 310kW×1台
発電機:三相交流発電機 日立製作所製 375kVA×1台
河川
取水:名栗川
放水:名栗川

資料、情報等

2005/10/09〜12/4に埼玉県飯能市の郷土館にて展示されていた
特別展 飯能の水力発電 〜吾野・名栗に電気がひけた日〜 
の見学及び現地発電所跡を少々訪ねてきました。

両発電所の情報は同館発行の「特別展 飯能の水力発電」パンフレットを基にしています。
大変充実した情報で大正期の水力発電の様子、同地域の電気の始まりについて
興味のある方にはぜひお勧めしたい一冊です。(有償です)
(完売の可能性もあるのでご希望の方は同館へお問い合わせください)

飯能市郷土館様のサイト

フォトギャラリー



2006-03-07初掲載(2005-11撮影)
Copyright "suiryoku.com". All rights reserved. 連絡先及び注意事項