岩手県企業局 岩洞第一発電所

所在地:岩手県盛岡市玉山区日戸
交通:JR東北本線 滝沢駅より約10km

特記事項

一般水力ですが、発電に必要な水の一部を揚水しています。

取水先の岩洞ダムはゾーン型(コア層、フィルター層、フィル層と区分して施工される型)の土石混合フィルダムとしては日本初となります。

発電所諸元

歴史
所有:岩手県企業局[運開]−岩手県企業局[現在]
昭和32(1957)年11月:着工
昭和35(1960)年12月:運用開始
昭和36(1961)年 5月:完成
発電の区分
種別:一般水力(揚水に依る注水有り)
発電形式(落差を得る方法):ダム水路式
発電方式(水の利用方法):貯水池式
出力
認可最大出力:41000kW
  常時出力:18800kW
水量
最大使用水量:12.00立方メートル毎秒
 最大揚水量: 2.50立方メートル毎秒(逆川堰堤より)
落差
有効落差:405.19m
設備
水車:立軸4射ペルトン水車 出力21000kW×2台
    使用水量6.0立方メートル毎秒、重量3.0トン
発電機:立軸三相交流同期発電機×2台
導水路:主要導水路 圧力導水トンネル 内径2.40m、延長4872.7m
調圧水槽:1箇所
水圧鉄管:内径1900〜1500mm、延長724m×1条(現地案内板)
水圧鉄管:内径2000〜1500mm、板厚9〜25mm、延長673.98m×1条(水力発電所データベース)
分岐管:Y分岐管×1箇所
放水路:内径2.90m、総延長3405.1m
インクライン:トンネル延長536m、最大荷重15トン
標高
取水位標高:697.00m
放水位標高:256.47m
面積
流域面積:220.0平方キロメートル
直接流域面積: 48.6平方キロメートル
間接流域面積:171.4平方キロメートル
河川
取水:(末崎川+沢+大川+向井沢川+丹藤川+軽松沢川)→丹藤川[岩洞ダム]
放水:岩洞第二発電所

本データは(社)電力土木技術協会様の許可を頂いて水力発電所データベースより転載しております。(一部は現地案内板、銘板及び事業者様パンフレット等の資料より)

ダム諸元

名称
岩洞(がんどう)ダム
歴史
昭和31(1956)年1月:着工
昭和35(1960)年9月:竣工
種類
傾斜土質遮水壁型土石混合フィルダム
基礎地質:粘板岩、硅化粘板岩
大きさ
堤体高:40.0m、堤頂長:351.0m
堤頂幅:10.0m、下部堤体幅:183.820m
堤体積:850,206立方メートル
     コア層(土):169,556立方メートル
 フィルター層(砂礫):135,585立方メートル
フィル層(風化岩砕石): 94,828立方メートル
フィル層(硬質岩砕石): 93,007立方メートル
   フィル層(石塊):357,230立方メートル
容量
  総貯水容量:65,600,000立方メートル
 有効貯水容量:46,300,000立方メートル
死水、堆砂容量:19,300,000立方メートル
標高
    堤頂標高:700.5 m
 計画高水位標高:697.498m
   満水位標高:697.000m
  最低水位標高:686.000m
仮締切ダム頂標高:670.0 m
  基礎岩盤標高:660.5 m
面積
流域面積:220.0平方キロメートル
直接流域面積: 48.6平方キロメートル
間接流域面積:171.4平方キロメートル
湛水面積:6.23平方キロメートル
灌漑面積:60.00平方キロメートル
水門設備等
非常用洪水吐(クレストゲート):ローラーゲート×2門
放流管:直径1.2m×1門
流量
設計洪水流量:244立方メートル毎秒

本データは現地案内板、銘板及び事業者様パンフレット等の資料より転載しております

資料、情報等

岩洞ダム現地案内板より

当該発電所は、昭和23(1948)年、国の経済安定本部から北上川河川総合開発地域の指定を受け、
農林省で計画し施行された一連の計画により開発されました。

北上川左岸側の支流である丹藤川に岩洞ダムを建設、周辺の支流より注水して集水を行い、
北上川を横断し、北上川右岸高台(岩手山東麓)の開拓農地6000ヘクタールに灌漑用水を供給するものであり、
この際に生じる岩洞ダムと北上川右岸高台との落差を有効利用して発電を行うために岩洞第一、岩洞第二発電所が設けられました。

フォトギャラリー



2016-04-24画像追加(2015-06撮影)
2009-04-12初掲載(2008-10撮影)
Copyright "suiryoku.com". All rights reserved. 連絡先及び注意事項