東京電力 神流川発電所

所在地:群馬県多野郡上野村楢原
交通:JR八高線 児玉駅より約60km

特記事項

フランシスポンプ水車に於ける1基当たりの最大出力世界一、全形式の水車に於ける最大出力日本一の水車を使用しています。

全基運用開始後には、揚水式水力発電所として最大出力世界一、全種別の水力発電所に於ける最大出力日本一となります。

上部貯水池となる南相木ダムは天端の標高日本一です。

上部貯水池が日本海へと注ぐ信濃川水系、下部貯水池が太平洋へと注ぐ利根川水系です。

発電所諸元

歴史
所有:東京電力[運開]−東京電力[現在]
平成17(2005)年12月:一部運用開始
発電の区分
種別:揚水式水力
発電形式(落差を得る方法):ダム式
発電方式(水の利用方法):純揚水式
揚水運転周期:日周期又は週周期(推定)
出力
認可最大出力:470000kW(全台運用開始後:2820000kW)
水量
最大使用水量:510.00立方メートル毎秒(現在85立方メートル毎秒)
最大揚水水量:360.00立方メートル毎秒
落差
有効落差:653.00m
 最大落差:675.00m
設備
水車:立軸単輪単流渦巻フランシスポンプ水車×6台
   水車出力470000kW
導水路:円形圧力導水路トンネル×2条
    延長2445m、内径8.2m、外径9.3m(1号導水路)
水圧管路:2条(1〜2号機管路?)+4条?(3〜6号機管路?)
     延長1045m、内径4.6m、外径6.2m(1号機管路?)
放水路:円形圧力導水路トンネル×2条
    延長2445m、内径8.2m、外径9.3m(1号放水路)
河川
上部貯水池:信濃川水系南相木川[南相木ダム]
下部貯水池(取水):神流川[上野ダム]

本データは(社)電力土木技術協会様の許可を頂いて水力発電所データベースより転載しております。(一部は現地案内板、銘板及び事業者様パンフレット等の資料より)

ダム諸元

上部貯水池

名称
南相木ダム
歴史
平成 7(1995)年   :着手
平成17(2005)年12月:竣工
種類
中央土質遮水壁(センターコア)型ロックフィルダム
地質:石灰岩
大きさ
堤高:136.00m、堤頂長:444.00m、堤体積:7,300,000立方メートル
容量
 総貯水容量:19,170,000立方メートル
有効貯水容量:12,670,000立方メートル
標高
 天端標高:1532.00m
満水位標高:1527.00m
低水位標高:1500.00m
面積
流域面積:6.2 平方キロメートル
湛水面積:0.59平方キロメートル
水門設備等
洪水吐:自由越流型×1箇所

本データは(財)日本ダム協会様の許可を頂いてダム便覧より転載しております。(一部は現地案内板、銘板及び事業者様パンフレット等の資料より)

下部貯水池

名称
上野ダム
歴史
平成 7(1995)年:着手
平成17(2005)年:竣工
種類
越流型直線重力式コンクリートダム
大きさ
堤高:120m、堤頂長:350m、堤体積:720,000立方メートル
容量
 総貯水容量:18,400,000立方メートル
有効貯水容量:12,670,000立方メートル
標高
満水位標高:843.00m
低水位標高:813.60m
面積
流域面積:31.2 平方キロメートル
湛水面積: 0.56平方キロメートル
水門設備等
洪水吐(クレストゲート):テンターゲート×2門
常用吐(コンジットゲート):1門
低流量放流管:1門

本データは(財)日本ダム協会様の許可を頂いてダム便覧より転載しております。(一部は現地案内板、銘板及び事業者様パンフレット等の資料より)

フォトギャラリー



2008-09-24発電所諸元詳細追加整理
2007-04-08初掲載(2006-11撮影)
Copyright "suiryoku.com". All rights reserved. 連絡先及び注意事項