中国電力 江尾発電所 跡

所在地:鳥取県日野郡江府町久連
交通:JR伯備線 江尾駅より約1.5km

発電所諸元

歴史
所有:山陰電氣[運開]−広島電氣−中国配電−中国電力[廃止]−江府町
大正 8(1919)年 2月:運用開始(1000kW)
大正15(1926)年 8月:所有者変更(広島電気により吸収合併)
昭和17(1942)年 4月:所有者変更(中国配電)
昭和26(1951)年 5月:所有者変更(中国電力)
昭和52(1977)年 7月:発電所廃止(1000kW)、江尾変電所として運用開始
昭和59(1984)年 9月:変電所廃止
平成 2(1990)年11月:江府町へ譲渡
平成 8(1996)年  月:鳥取県の「県民の建物100選」に選定
平成19(2007)年11月:土木学会の「選奨土木遺産」に選定
平成21(2009)年 8月:国指定登録有形文化財に登録
発電の区分
種別:廃止(一般水力)
発電形式(落差を得る方法):水路式
発電方式(水の利用方法):流込み式
出力
認可最大出力:1000kW
水量
最大使用水量:6.26立方メートル毎秒?(運開当時)
落差
有効落差:22.73m?(運開当時)
設備
水車:横軸二輪単流前口(フロンタル)フランシス水車?×2台
発電機:横軸三相交流同期発電機?×2台
標高
取水位標高:約152m(新川平発電所データより推定)
放水位標高:約126m(川平発電所データより推定)
面積
流域面積:537.00平方キロメートル(新川平発電所データより推定)
河川
取水:日野川
放水:日野川

本データ(歴史及び出力)は中国電力(株)様の御厚意により、許可を頂いて同社ウェブサイトより転載しております。(一部は現地案内板、銘板及び事業者様パンフレット等の資料より)

一部データは(社)電力土木技術協会様の許可を頂いて水力発電所データベースより転載しております。

文化財情報

敷地外及び見学可能な場所から見られない場合でも、絶対に立入禁止の場所へは入らないでください。

国指定登録有形文化財(建造物)

登録番号:31−0155、名称:旧江尾発電所本館、年代:大正8(1919)年/平成12(2000)年改修
日野川にほぼ面する敷地に東面して建つ旧水力発電所施設。石造平屋建の発電機室の北側に2階建の変圧室を接続し、全体でL字形平面としたもので、正面には欠円アーチ形の窓を穿ち、発電機室には越屋根を設ける。外壁全体に江戸切仕上げの切石を積む重厚な外観。

本データについては、利用規約に基づいて文化庁様、国指定文化財等データベースより転載しています。

フォトギャラリー

取水堰の様子は新川平発電所のページに掲載してあります。



2017-01-29初掲載(2016-11撮影)
Copyright "suiryoku.com". All rights reserved. 連絡先及び注意事項