土木設備に特徴のある水力発電所

取水、導水設備に関して特徴のある水力発電所を掲載しています(順不同)

ダムに特徴のある水力発電所

堤体高日本一の黒部ダムより取水
関西電力 黒部川第四発電所:富山県 黒部川水系
堤体高186m、ドームアーチ式ダム
堤頂長日本第三位(発電用ダムとしては日本一)の沼原ダムを上部貯水池に持つ
電源開発 沼原発電所:栃木県 那珂川水系
堤頂長1597m、フェイシングロックフィルダム
湛水面積日本一の雨竜第一ダムより取水
北海道電力 雨竜発電所:北海道 石狩川水系
湛水面積23.73平方キロメートル、直線重力式ダム
総貯水容量日本一、堤体積日本一の徳山ダムより取水
中部電力 徳山発電所:岐阜県 木曽川水系
総貯水容量6億6000万立方メートル、堤体積1370万立方メートル、コアロックフィルダム
有効貯水容量日本一の奥只見ダムより取水
電源開発 奥只見発電所:福島県 阿賀野川水系
有効貯水容量4億5800万立方メートル、直線重力式ダム
堤頂(天端)標高日本一の南相木ダムを上部貯水池に持つ
東京電力 神流川発電所:長野県 信濃川水系(下部貯水池は利根川水系)
天端標高1532m、コアロックフィルダム

ゲート(水門)に特徴のある水力発電所

取水先の黒谷ダム(取水堰)に世界最大のラバーゲートを持つ
電源開発 黒谷発電所:福島県 阿賀野川水系
直径6m×長さ43.1m
取水先の岩屋ダムに日本最大のテンターゲートを持つ
中部電力 馬瀬川第一発電所:岐阜県 木曽川水系
幅10.9m×高18.312m×回転半径18.0m

導水路に特徴のある水力発電所

発電所導水路トンネル延長日本一
北海道電力 奥新冠発電所:北海道 新冠川水系(2級水系)
延長24477m、断面積6.6平方メートル、昭和38(1963)年開通
沙流川水系パンケヌーシ川よりの導水トンネル
発電用以外だと、神奈川県内広域水道企業団の導水トンネルが約30kmあります。

取水方法に特徴のある水力発電所

一般水力ながらも発電に使用する水の一部を揚水している
岩手県企業局 岩洞第一発電所:岩手県 北上川水系


Copyright "suiryoku.com". All rights reserved. 連絡先及び注意事項